image


平均の速さと瞬間の速さ

実は速さには2種類あって、

「平均の速さ」



「瞬間の速さ」

というものがある。

例えば、

100m走の走者のタイムが12sの場合。

走者の速さは
100÷12≒8.3m/s
と計算で求められますが、

“走行中は、はたして、
いつも8.3m/sという
同じ速さなのか?”

そうではないだろう。

【平均の速さと瞬間の速さ】の続きを読む