高校物理をやさしく解説するブログ

高校物理をやさしく解説するブログです。説明は全てテキスト中心にまとめております。図はたまにありますが基本的に想像力を働かせて読んでください。「読んで」物理のイメージを作りましょう。

    著書『力学の基礎』はこちらです。
    毎日配信Twitterで物理をマスター!→こちらよりどうぞ。
    ブログはこちらよりどうぞ。
    堀口塾

    スポンサードリンク


    タグ:物理勉強法

    運動方程式の基本形は、

    ma=F

    ですね。

    運動方程式ってのは
    覚えるのは簡単だけど、
    理解の仕方にはいろいろあると思う。

    たとえば、0.50kgの物体が滑らかな床の上に置かれていたとしよう。

    この物体を両側から引っ張るとする。

    右向きに引っ張る力の大きさは10N、

    左向きに引っ張る力の大きさは4.0Nとしよう。

    図で描くとこんな感じ。

    ←--4.0N--○-----10N----→

    ちょっと見にくかったらゴメンよ。

    つまり、綱引きとおんなじだ。

    じゃ、どっちに動き出す、と言われれば、
    すぐにわかりますよね。

    「力が勝ったほう」

    ですね。

    どっちが勝ちますか〜〜??

    10Nと4.0Nを比べりゃ、
    10Nのほうが大きいので、

    右向きに動き出すでしょう。

    じゃ、この運動に関わっている
    力は

    「結局」

    いくらか? 【運動方程式を理解しよう!「どっちの力が勝ちますか?」】の続きを読む

    1学期から物理をスタートした場合、
    力学から始まる学校が多いでしょう。

    そして、ちょうど今ごろ、
    等速直線運動や等加速度直線運動を
    勉強している時だと思います。

    さて、等加速度直線運動では、
    公式を3つ覚えなければならないですね。

    速度vの式
    変位xの式
    速度vと変位xの式

    の3つです。

    公式は覚えてしまえば
    簡単なんだけど、
    そこまでたどり着くのが
    至難の業ではないでしょうか。

    そこで、まずはじめの公式である
    速度vの式を覚える前に、
    速度vの求め方を
    公式を使わないで理解しましょう。

    まず、加速度の定義から、

    加速度=単位時間当たりの速度変化を示す量

    です。

    たとえば、
    乗り物がスタートラインを速度10m/sで走りぬけ、
    そのまま等加速度直線運動をして
    5秒後に速度25m/sになったとしましょう。

    この場合、速度変化は

    25-10=15m/s

    となります。

    これは、5秒間での速度変化ですから、
    加速度を求めるためには、
    1秒間当たりの速度変化を
    求めなければなりません。
    したがって、計算は、15m/sを5秒で割ります。

    15÷5=3

    答えの3に加速度の単位〔m/s2〕(sは2乗です)を付けて

    3〔m/s2〕

    となります。

    ちなみに、この加速度は正の意味もあります。
    もしも、走っている方向を正とするならば、

    +3〔m/s2〕

    となります。

    さて、この乗り物が
    そのまま5秒を越えても
    同じ加速度で運動したとしましょう。

    じゃあ、ここで質問です!

    スタートラインから7秒後の速度はいくらですか?

    ここで公式は使いませんよ。
    こう考えましょう。 【等加速度直線運動の公式を使わないで速度を求める方法】の続きを読む

    物理を高校2年生から始めた人も多いのではないでしょうか。
    理系と文系に進路が分かれた後から物理を始める学校が増えているようです。

    さて高校2年生の物理の勉強法であるが、
    大事なことは次のことです。

    力学をしっかりとやる

    力学をしっかりとやる、ということに尽きます。

    力学は、他の波動、電気、磁気、原子、熱など
    他のあらゆる分野に顔を出します。
    つまり、力学は物理の土台となるわけです。

    そして、高校2年生では、
    この力学をいかに勉強するかが、
    大事だと思う。

    高校の授業で物理をスタートする場合、
    あらたな試みがなければ、たいてい力学からスタートするはずです。
    (私はかつて波動からスタートしたことはあるが)

    一番初めは「物理とは何ぞや」ということも含めて
    教わるでしょう・・・いや、そんなこと考える
    暇もないかもしれないし、教わらないかもしれない。

    だからここで、力学は大切!と言っておこう。

    このことを意識するかしないかで、
    今後の勉強の仕方が大きく変わってくる。

    また、もしも東大・東工大レベル、もしくは、
    早稲田・慶応・上智レベル、もしくはMARCHなど、
    一流大学を目指す人は、高校2年生からしっかりと
    物理に取り組んだほうが、後が楽です。 【高校2年生の物理勉強法】の続きを読む

    夏休みが始まりました。
    失敗しない『夏休みの物理の勉強法』を紹介します。

    1.計画表を書く
    まず、生活面からですが、
    夏休みは長いようであっという間に終わってしまう。
    無駄に時間を使わないためにも計画表は書いておく。

    毎日、書いた計画表通りに日々送れれば、
    全く問題ないが、たいてい計画通りに送ることは
    できないでしょう。(現に、私もその一人!)
    しかし、気にせずに、計画60%達成を目指すのです。

    完璧主義はいけません。
    少し融通の利くくらいの考え方が、
    何かをやるときにちょうどいいと考えます。

    2.力学分野を完璧にしよう
    夏休みにできれば全ての分野を制覇したい!
    といったところであるが、
    全ての分野を完璧にするのは正直厳しい。

    自分が決めた分野をいくつか選び
    やるのが現実的でしょう。

    その中でも、やはり力学は大事である!

    なぜなら、力学の考え方や知識は、
    熱、波動、電磁気など、
    全ての分野によく顔を出すからである。

    力学以外の分野を勉強しようと思っても、
    力学が登場する場面でつまづいては、
    前には進まないでしょう。

    だから、早いうちに、
    力学は絶対に完璧にする!

    というつもりで、夏休みは
    勉強に取り組むのがいいでしょう。 【夏休み 物理 勉強法】の続きを読む

    定期試験 勉強法 その4

    「前の晩はよく寝ること」

    勉強法ではないのだが、
    やはり睡眠時間は大事、ということを
    言っておく。

    「火事場の馬鹿力」という言葉や、
    有名な作家の人などは、
    アイデアを締め切り前日に絞り上げて完成させる、
    ということを聞きますが、
    あまり無理はし過ぎないことです。 【定期試験 勉強法 その4】の続きを読む

    定期試験 勉強法 その3

    「ケアレスミスに注意」

    本番ではケアレスミスに注意すること。

    ケアレスミスとはうっかりミスのことだが
    バカにはできない。

    あと一歩で完答なのに、
    惜しいところでミスをしている・・

    採点中にこんな風に思うことよくあります。

    ミスを防ぐには事前の準備が必要です。 【定期試験 勉強法 その3】の続きを読む

    このページのトップヘ