高校物理をやさしく解説するブログ

高校物理をやさしく解説するブログです。説明は全てテキスト中心にまとめております。図はたまにありますが基本的に想像力を働かせて読んでください。「読んで」物理のイメージを作りましょう。

    著書『力学の基礎』はこちらです。
    毎日配信Twitterで物理をマスター!→こちらよりどうぞ。
    ブログはこちらよりどうぞ。
    堀口塾

    スポンサードリンク


    タグ:原発

    原発の内部でどのような核反応が
    起こっているかは定かではないけれど、
    圧力などのイメージはボイル・シャルルの法則を
    イメージするとよいでしょう。

    圧力の説明はこちらから。

    単純に核反応などの影響が
    ほとんどないとした場合を仮定しましょう。

    気体が存在する場合、圧力、体積、温度は、
    ボイル・シャルルの法則に従っている。

    圧力=p
    体積=V
    温度=T

    です。

    ボイル・シャルルの法則は次のようになります。
    (pV)/T=一定 ⇒ (pV)/T=(p'V')/T'

    ガイガーカウンターの在庫をチェック 【原発事故とボイルシャルルの法則】の続きを読む

    私たちは生活の中で全く放射線を受けていない、
    というわけではありません。

    暮らしの中でいろいろな放射線を浴びています。

    まずは、宇宙から降り注ぐ宇宙線です。
    例えば、ジェット機で飛行すると、地上にいるときよりも何倍もの宇宙線を浴びることになります。

    また、岩石や空気など、身近に存在するものから出る自然放射線を浴びていて、食物などを通して体内からも浴びています。

    【暮らしの中の放射能】の続きを読む

    福島第1原発 放射能漏れ 避難指示「10キロ」に拡大
    経済産業省原子力安全・保安院は十二日、東日本大震災の影響で自動停止した東京電力福島第一原子力発電所で外部に放射能が漏れた、と発表した。正門周辺の放射線量が通常の八倍、1号機の中央制御室で通常の約千倍。

    syu6K

     菅直人首相は、同日午前、同原発から半径三キロ以内の住民に出していた避難指示を十キロ圏内に拡大した。

    mapion

     同原発1号機は、原子炉格納容器内の圧力が設計値の約二倍に上昇した。さらに圧力が高くなると、格納容器が圧力に耐えられず、変形したり破損する可能性がある。

     保安院は、圧力を下げるために原子炉格納容器の蒸気を外部に放出するよう、原子力災害対策特別措置法に基づいて東電に命令した。放射性物質を含む蒸気を外部に放出すると、環境に影響が出る恐れがあり、破損で放射能を閉じ込める機能を失わないための緊急避難的措置。国内では初の事態になる。

    【福島第1原発 放射能漏れ 避難指示「10キロ」に拡大】の続きを読む

    このページのトップヘ