高校物理をやさしく解説するブログ

高校物理をやさしく解説するブログです。説明は全てテキスト中心にまとめております。図はたまにありますが基本的に想像力を働かせて読んでください。「読んで」物理のイメージを作りましょう。

    著書『力学の基礎』はこちらです。
    毎日配信Twitterで物理をマスター!→こちらよりどうぞ。
    ブログはこちらよりどうぞ。
    堀口塾

    スポンサードリンク


    タグ:原子力発電所

    原子力発電所ではウラン235という放射性物質の原子核が、
    核分裂をして、大量の熱が放出し、それにより水を熱し、
    沸騰させることでタービンを回し、発電します。

    その熱量というのは、
    だいたいウラン235が1gに対して、
    2トンの石油のドラム缶で11.5本、
    石炭でいうと3トン、
    が燃えたときに発生する熱量に相当します。

    TKY201103240468 【ウランから発生する熱量】の続きを読む

    今回の福島第一原発の事故で登場する放射性物質ですが、
    ヨウ素とセシウムばかりなんですよね。

    燃料として使われる、ウランや
    ウラン235の核分裂によって生成されるプルトニウムに
    関してはあまり報道でも出てきません。

    私としては、これはおかしいのではないか?
    と思っておりました。

    だったら、漏洩していないかな安全なのか?
    と思ってしまうかもしれませんが、安心せずに、
    つねにリスク管理はしたいものです。

    そこでツイッターをやっていたところ、
    ちょうど東京電力の記者会見があったようで、
    次のようなツイートが流れておりました。

    tsuda 津田大介
    東京電力「プルトニウムを測定する外部業者への依頼はまだ細かい部分を詰めている段階、で具体的に依頼している形にはなっていない」

    東電会見 @uesugitakashi のひとつの質問から、プルトニウムは検出されていないのではなく、測定機器を持っておらず測定できていないことが明らかに。×検出されておりません ○測定できていません ジャーナリストの仕事とはこういうことなんじゃないのかな。

    東京電力はプルトニウム漏洩に関しては、
    測定していなかったようです。

    そういう東電に対して、プルトニウム漏洩に触れていないことを
    ソフトバンクの孫社長はかなり警戒しています。 【ウランとプルトニウムは漏洩していないのか?】の続きを読む

    緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)
    によって放射線量を調べることができます。

    SPEEDIのデータは、
    環境防災Nネットから見ることが出来ます。

    ただし、福島と宮城に関しては、ただ今調整中です。
    これが何を意味するのか、はわかりません。

    故意に隠しているのでは?ということを言う方もいますし、
    大地震の影響で、システムが正確に作動していないのかもしれません。

    しかし、被害を受けた地域のリアルタイムの情報は、
    開示すべきであるという意見は世間一般にはあります。 【SPEEDIのデータ 環境防災Nネット】の続きを読む

    このページのトップヘ