高校物理をやさしく解説するブログ

高校物理をやさしく解説するブログです。説明は全てテキスト中心にまとめております。図はたまにありますが基本的に想像力を働かせて読んでください。「読んで」物理のイメージを作りましょう。

    著書『力学の基礎』はこちらです。
    毎日配信Twitterで物理をマスター!→こちらよりどうぞ。
    ブログはこちらよりどうぞ。
    堀口塾

    スポンサードリンク


    タグ:ドップラー効果

    たとえば、
    「向こうから流れてくる回転寿司を
    1分間にできるだけたくさん食べなさい」
    と言われたら、どうしますか?

    目の前に流れてくる回転寿司を、
    通り過ぎるのを、ただ待っていて 
    食べるだけでは、まだまだですね。

    では、どうするか?

    流れてくる上(かみ)の方に向かって
    走りながら食べれば、もっとたくさん
    食べられるではないですか!! 


    【回転寿司と物理のドップラー効果の関係は?】の続きを読む

    ドップラー効果は、 音源が音を発しながら動くと 生じる現象です。 ※観測者が動くことでも生じます たとえば、 救急車がサイレンを 鳴らしながら 走っているとしましょう。 このとき、救急車が 近づいてくるときと 離れていくときの音の高さは 違って聞こえます。 【ドップラー効果のイメージ】の続きを読む

    1. ドップラー効果とは?

    救急車が近づいてくるときや
    遠ざかって行くときに、
    サイレンの音の聞こえ方が
    少し変化します。

    これは音を出している救急車が
    動くことで、音波の形が変化して、
    縮んだり伸びたりすることから起こります。

    このようなことが起こると聞く側は、
    救急車が止まって音を出す波と
    違った形の音波を受け取ることになり、
    その結果音程が変化して聞こえます。

    これをドップラー効果と呼びます。

    このドップラー効果は、
    音を出す側(音源)が動いても起こりますし、
    音源が静止していても
    聞く側(観測者)が動けば
    ドップラー効果は起こります。 【ドップラー効果】の続きを読む

    このページのトップヘ