高校物理をやさしく解説するブログ

高校物理をやさしく解説するブログです。説明は全てテキスト中心にまとめております。図はたまにありますが基本的に想像力を働かせて読んでください。「読んで」物理のイメージを作りましょう。

    著書『力学の基礎』はこちらです。
    毎日配信Twitterで物理をマスター!→こちらよりどうぞ。
    ブログはこちらよりどうぞ。
    堀口塾

    スポンサードリンク


    タグ:ウラン

    今回の福島第一原発の事故で登場する放射性物質ですが、
    ヨウ素とセシウムばかりなんですよね。

    燃料として使われる、ウランや
    ウラン235の核分裂によって生成されるプルトニウムに
    関してはあまり報道でも出てきません。

    私としては、これはおかしいのではないか?
    と思っておりました。

    だったら、漏洩していないかな安全なのか?
    と思ってしまうかもしれませんが、安心せずに、
    つねにリスク管理はしたいものです。

    そこでツイッターをやっていたところ、
    ちょうど東京電力の記者会見があったようで、
    次のようなツイートが流れておりました。

    tsuda 津田大介
    東京電力「プルトニウムを測定する外部業者への依頼はまだ細かい部分を詰めている段階、で具体的に依頼している形にはなっていない」

    東電会見 @uesugitakashi のひとつの質問から、プルトニウムは検出されていないのではなく、測定機器を持っておらず測定できていないことが明らかに。×検出されておりません ○測定できていません ジャーナリストの仕事とはこういうことなんじゃないのかな。

    東京電力はプルトニウム漏洩に関しては、
    測定していなかったようです。

    そういう東電に対して、プルトニウム漏洩に触れていないことを
    ソフトバンクの孫社長はかなり警戒しています。 【ウランとプルトニウムは漏洩していないのか?】の続きを読む

    政府はもっと早く発表すべきだった。

    放射性物質、初の拡散試算…原子力安全委
     東京電力福島第一原子力発電所の事故に関して、政府の原子力安全委員会(委員長=班目(まだらめ)春樹・元東京大学教授)は23日夜、放射性物質の拡散を予測した模擬計算「SPEEDI(スピーディ)」の結果を発表した。

    TKY201103230470
    SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測)
    記事「30キロ圏外の一部、内部被曝の可能性 極端な例で試算」より

     本来、事故発生時に住民が迅速に避難するために利用するはずだったが、東日本巨大地震による停電や計器故障で、前提となる放射性物質の放出量が分からず、避難に役立つ計算ができなかった。

     このため、安全委では20〜22日の原発周辺の大気中の放射性物質の観測結果をもとに放出量を逆算。これを前提に、改めて放射性物質がどう拡散するか計算した。23日午後9時にようやく結果を公表したが、米エネルギー省が同日午前9時に独自の計算結果を公表した後だった。

    (参考)福島第一原発の事故に関する資料
    http://www.facebook.com/album.php?aid=52407&l=38ab4d2ea5&id=193570867334771

    外部被爆と内部被爆
    放射線の防御
    放射性元素の半減期
    暮らしの中の放射能
    核分裂と原子力発電 【放射性物質の拡散予測 「SPEEDI(スピーディ)」】の続きを読む

    福島第一原発の事故の写真を見て気になるのが、
    炉心付近から出て行く煙です。
    あの中に放射性物質が入っているのではないか?
    と思うのですが、いかがなもんでしょう。

    7_233736

    放射性元素が体内に入り滞在したら、
    体外に排出されない限り、体内でずっと放射線を
    出し続けることになります。

    ところで、放射性元素というのはとても不安定なので、
    自分でエネルギーを放出してより安定した状態になります。
    これを崩壊(原子核崩壊)するといいます。

    いまにも爆発しそうな人・・・っているじゃないですか。。
    そのような人が怒り飛ばしてエネルギーを外に放出する・・・
    そんな風にイメージしてもよいかもしれません。

    不安定な原子核が安定化するときにα線やβ線を出すのですが、
    これらは人間にとってとても有害な放射線です。

    放射性元素というのは、その種類によって、
    崩壊する時間がわかっていて、
    元々あった放射性原子核の数が半分になる時間を半減期といいます。

    たとえば、1000個のウランがあったとしましょう。

    原子核崩壊して半分になると500個になります。

    この1000個から500個に減る時間を半減期といいます。

    さらに崩壊は進んで、半分になると250個になります。

    さらに、半分になると125個になります・・・

    このように、半減期ごとに半分半分を繰り返して、
    だんだん、放射性元素の数は減っていきます。 【放射性元素の半減期】の続きを読む

    ブログネタ
    ガッチリ物理 に参加中!
    東日本大地震で福島第一原発で爆発しましたが、
    原発の原子炉の中で行われているのは、
    ウラン235という物質による核分裂です。

    この核分裂により、大きなエネルギーを得ています。

    このウラン235という物質は貴重で、天然ウランの中に
    0.72%しか含まれていません。

    中性子が比較的遅い速度でウラン235の中に入っていくと、
    ウラン235の原子核は振動し、やがて分裂します。


    ○:中性子
    ●:ウラン235原子核

    ○→→→→→☆● → ○ ○ これが別のウラン235やウラン238に衝突 【核分裂と原子力発電】の続きを読む

    このページのトップヘ