ばねを自然長からxだけ伸ばしたときに働く力Fは、
F=kx
と表わされる。

式の中のkはばね定数といい、ばねの固さを示す定数である。

たとえば、kの値が大きいと、同じ長さ分だけ伸ばしたときに、
働く力は大きくなる。つまり、ばねがより固い、ということ。

kが大きい→ばねが固い
kが小さい→ばねがやわらかい

また、ばね定数がk1とk2の2つのばねを接続したとき、
ばねを合成したときの合成ばね定数をKとすると、

直列接続では、

1/K = 1/k1 + 1/k2

となる。

並列接続では、

K = k1 + k2

である。

両端固定の場合は、並列接続と同じく、
合成ばね定数は、

K = k1 + k2

となる。

また、逆に一本のばねをいくつかに分けたときを考えると、 【ばね定数】の続きを読む