高校物理をやさしく解説するブログ

高校物理をやさしく解説するブログです。説明は全てテキスト中心にまとめております。図はたまにありますが基本的に想像力を働かせて読んでください。「読んで」物理のイメージを作りましょう。

    著書『力学の基礎』はこちらです。
    毎日配信Twitterで物理をマスター!→こちらよりどうぞ。
    ブログはこちらよりどうぞ。
    堀口塾

    スポンサードリンク


    カテゴリ:高校物理 力学 > いろいろな力

    浮力は、その物体がまわりの物質を押しのけた分の重さと等しい、
    ということで、
    これはアルキメデスの原理によって証明された。

    浮力F=ρVg
    〔N〕

    浮力=密度×体積×重力加速度

    例えば水の中に中が空で、
    ふたをしっかり閉めたペットボトルを沈める場合、
    上から手で押し込まないと沈まない。

    これは浮力で浮いてきてしまうからである。

    ペットボトルが水の中に入る場合には、
    そこにあった水を排除しなければならないので、
    押しのける力が必要だ。 【浮力とは】の続きを読む

    摩擦力には、「静止摩擦力」と「動摩擦力」の2種類がある。

    どちらも運動方向とは逆向きに働く力であるが、
    この2つには大きな違いがある。

    静止摩擦力は大きさが変化する摩擦力で、

    動摩擦力は一定の大きさで働く摩擦力である。

    \纏瀚犹の

    物体に徐々に力を加えていきます。

    はじめは小さい力でまだ動きません。  

    さらに大きな力で引っ張ります。
    まだ動きません。

    さらに大きな力で引っ張ります。
    するとやっと動き出しました。
    このとき動き出す
    瞬間で摩擦力は最大値をとります。

    このように、
    静止摩擦力は加える力が大きくなると、
    それにあわせて大きくなるような変化する力で、
    必ず最大の値があります。

    この値を最大摩擦力(最大静止摩擦力)といい、
    大きさはµN(静止摩擦係数×垂直抗力)
    という計算で求まります。

    静止摩擦力は状況によって変化し,最大のとき
    最大静止摩擦力f´=µN
    となる。
    【摩擦力】の続きを読む

    空気抵抗

    空気中を運動する物体は、
    粗い床の上を運動する物体が
    床から摩擦力を受けるように、
    空気から抵抗力を受ける。
    この力を空気抵抗と呼ぶ。

    空気抵抗が比較的小さいときは速さに比例する

    つまり、

    空気抵抗F=kv(k:比例定数) 【空気抵抗】の続きを読む

    このページのトップヘ