高校物理をやさしく解説するブログ

高校物理をやさしく解説するブログです。説明は全てテキスト中心にまとめております。図はたまにありますが基本的に想像力を働かせて読んでください。「読んで」物理のイメージを作りましょう。

    著書『力学の基礎』はこちらです。
    毎日配信Twitterで物理をマスター!→こちらよりどうぞ。
    ブログはこちらよりどうぞ。
    堀口塾

    スポンサードリンク


    カテゴリ: 高校物理 電気

    キャプチャ


    まず、
    電気の世界というのは、
    目に見えない世界である、
    ということを頭に入れておこう。

    目に見えないから難しい
    というのではなく、
    我々の身のまわりの世界に
    たとえて理解する、
    のがコツだ。

    つまり、
    電気で起こっている出来事を、
    我々の世界では、
    こういうできごとに
    あてはまるだろう、
    と、イメージしながら
    考えていくことが大切!

    さて、一様な左向きの電場が
    存在する空間に
    +1クーロンの電荷が
    点Aにおいてあったとします。

    そしてこの+1クーロンに
    力を加えて電場に逆らって
    右向きに引っ張っていって、
    点Aから点Bまで
    仕事をしたとしましょう。

    このときの仕事を1Jとすると、
    点Aと点Bの間には
    1Jの位置エネルギーの差があり、
    点Bは点Aよりも
    位置エネルギーが1J大きい
    ということになります。

    これを、こう解釈しましょう。

    【電位とは何か?】の続きを読む

    1704年
    ニュートン
    「光学」出版

    1742年
    セルシウス(スウェーデン)
    セ氏温度提唱

    1747年
    フランクリン(アメリカ)
    電気一流体説

    1761年
    ブラック(イギリス)
    比熱の測定、潜熱の発見

    1772年
    ラボアジエ(フランス)
    質量保存の法則

    1784年
    アトウッド(イギリス)
    重力加速度の精密測定

    【物理学の歴史 1700年代】の続きを読む

    帯電した極板の間に生じる電場の強さを表す式で
    便利な式があるのだが、これは絶対に覚えておこう。

    電荷Qが蓄えられた極板間の電場Eは、

    E=Q/(ε0・S)

    ε0は真空の誘電率

    この式は便利なので覚えておこう。
    よく電場やコンデンサーの問題で、
    電荷が蓄えられた極板間の電場の強さを
    聞かれたりする。

    そこで、この式がパッと出てくれば
    答えるのは楽チンである。

    また、極板間に導体や誘電体を挿入し、
    極板間の位置に対して、
    電場の強さをグラフで表す問題なんかがある。

    【チェック】
    導体とは?
    誘電体とは?

    そうなると、
    導体、誘電体内の電場はどうか?
    それ以外の電場はどうか?
    と考えてしまう。 【極板間の電場の強さ】の続きを読む

    電荷どうしに働く力をクーロン力もしくは
    静電気力といい、クーロンの法則によって示される。

    電荷には+と−があり、
    これらの組み合わせによって、
    力の働く様子が異なる。

    (+)→  ←(−)
    異符号では引力が働く

    ←(+)  (+)→
    ←(−)  (−)→
    同符号では斥力(反発力)が働く 【クーロンの法則】の続きを読む

    電荷とは電気を持つ粒子のことで、
    +(プラス)の電荷と−(マイナス)の電荷がある。

    そして、その電荷が、
    どのくらい電気を持っているかを表す量のことを
    電気量という。

    プラスを持つ粒子やマイナスを持つ粒子は
    化学ではイオンで表される。 【電荷と電気量】の続きを読む

    ブログネタ
    ガッチリ物理 に参加中!
    静電気力と電場

    静電気力
    電気には正電荷(+)と負電荷(−)しかない。
    これらの間に働く力を静電気力、
    もしくは、クーロン力という。

    髪の毛を下敷きでこすると静電気が発生して、
    髪の毛が下敷きにくっつく。

    これは静電気力によるもの。

    距離rはなれた電荷q1, q2の間に働くクーロン力の式は
    F=k×q1・q2/r^2

    と表される。

    では、次は電場の説明をしよう。 【静電気力と電場】の続きを読む

    コンデンサー

    コンデンサーの式 Q=CVは知っていると思う。
    これを次のように覚えるべし!
    電位V1,V2,極板の左右の電気量をQ1,Q2とする。

    Q1=C(V1-V2)
    Q2=C(V2-V1)

    物理 力学講座:予備校講師shumonの大学受験講座

    高校物理 力学講座
    力学的エネルギー保存の法則 
    力学的エネルギー 公式集 
    仕事と仕事率 公式集 
    衝突・円すい振り子(東大2001年問題) 
    万有引力 1=ガッチリ物理 
    慣性力=ガッチリ物理 
    円運動=ガッチリ物理 
    等速円運動 その2=ガッチリ物理  
    等速円運動=ガッチリ物理   
    内力と外力を区別せよ。 
    物体に働く力の見つけ方 その2 
    慣性の法則=基本は大地を基準とする。 その2 
    慣性の法則=基本は大地を基準とする。 
    物理によく出てくる重要な力 
    力の扱い方 
    物体に働く力の見つけ方 
    力積とは? 
    ニュートンの運動の法則 
    運動量とは? 
    運動方程式のたて方 その2 
    運動方程式のたて方 
    運動方程式とは? 
    ニュートンの万有引力の法則 
    運動は大地を基準として考える 
    ニュートンの運動の法則 
    作用・反作用の法則 ニュートンの運動の第3法則 
    運動の法則 ニュートンの運動の第2法則 
    慣性の法則 ニュートンの運動の第1法則 
    力の働き方 

    高校時代、理系学生2割が物理実験せず 
    相対論を学ぼう!物理のABC―光学から特殊相対論まで 
    媒質の動きとは? 
    位相とは?

    誘導起電力

    ・大きさ  V=vBl  か  V=  か?

    ・向き   フレミングの右手の法則 か レンツの法則か?

     

    電磁誘導に誘導起電力が発生するパターンには2種類あって,導体棒が磁場を横切る場合とコイルを貫く磁場が変化する場合です。

    【誘導起電力のパターン】の続きを読む

    このページのトップヘ