物理で習う「仕事」とは、
もちろん会社やアルバイトなどの
日常生活で使う仕事とは違います。

ちゃんとある決まりの下に
求まる物理量です。

_SS500_1
力学の基礎 (これでわかった!)』をお持ちの方は、
第6章『仕事とエネルギー』の
P.160ページをご参照に。

床の上に置いてある物体を
力F〔N〕を加え続けて押してみましょう。

物体はまっすぐ
距離x〔m〕動いたとしましょう。

このときの仕事W〔J〕は
次のように計算できます。

W=F×x

単位は以下のように読みます。
W〔J〕・・・ジュール
F〔N〕・・・ニュートン
x〔m〕・・・メートル

つまり、力と距離をかければ
物理の仕事がすぐ求まります。

たとえば、
物体に50Nの力を加えて
4m動かしたとしましょう。

このときの仕事は

W=50×4=200J

と求まります。

じゃあ、この200Jって一体何?
ということになります。

実は、この仕事は
物体に蓄えられたエネルギーなのです。

つまり、こういうことです。

スポンサードリンク


200Jの仕事をしたということは、
物体が200Jのエネルギーを
もらったということになります。

物体はもちろん、
何かを食べて勝手に動いたりはしません。

じゃあ、何によって動くのか?
というと、外から加えられた
力によって動きます。

力が弱くちゃ動きませんので、
ある程度大きな力を加えて
移動すれば
物体は動いたことになります。

動いた物体は速さを持ちますから、
運動エネルギーが
蓄えられたことになります。

その蓄えられた分のエネルギーが
計算された仕事ということになります。

詳しい説明は、
力学の基礎 (これでわかった!)』を読んでね(^_-)-☆
まだ読んでいない人はよろしくね☆

【PR】
医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセット