単振り子

ひもにおもりを取り付けつるし、おもりに一瞬力を加えると
糸がピンと張った状態でおもりは振動します。

これが単振動です。

おもりは、重力と糸からの張力を受けながら、
振動することになります。

つまり、重力と張力の合力がおもりに働くことにより、
円軌道を描くように振動します。

スポンサードリンク


おもりの接線方向の運動方程式は、

ma = - mg・x/l

となります。

a = - g/l・x

より、

ω2 = g/l

ω = √g/l = 2π/T

よって、単振り子の周期は、

T = 2π√l/g

となります。

【PR】
医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセット