帯電した極板の間に生じる電場の強さを表す式で
便利な式があるのだが、これは絶対に覚えておこう。

電荷Qが蓄えられた極板間の電場Eは、

E=Q/(ε0・S)

ε0は真空の誘電率

この式は便利なので覚えておこう。
よく電場やコンデンサーの問題で、
電荷が蓄えられた極板間の電場の強さを
聞かれたりする。

そこで、この式がパッと出てくれば
答えるのは楽チンである。

また、極板間に導体や誘電体を挿入し、
極板間の位置に対して、
電場の強さをグラフで表す問題なんかがある。

【チェック】
導体とは?
誘電体とは?

そうなると、
導体、誘電体内の電場はどうか?
それ以外の電場はどうか?
と考えてしまう。

スポンサードリンク


もし、電荷Qが一定ならば、
極板から出る電気力線の数は変化なしなので、
導体、誘電体外の電場は変わらず、
E=Q/(ε0・S)
で表される。
式を見ても変わる量がないでしょう。

じゃあ、導体、誘電体内の電場はどうか?
導体は比誘電率が∞とみてE=0
誘電体は比誘電率εr(>1)を持つが、
E=Q/(ε0・S)のε0の部分をε0→εr・ε0に
替えればいいだけである。

つまり、

E=Q/(εr・ε0・S)

となるわけである。
εr>1なので、誘電体内での
電場は弱まりますね。

【PR】
医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセット