棒磁石のN極とN極を近づけると
斥力が働き、

同様に、S極とS極を近づけると
斥力が働く。

それに対して、
N極とS極を近づけると引力が働く。

さらに、力の大きさを調べると、
磁石間の距離の2乗に反比例し、

それぞれの磁石の強さ(磁極)の積に
比例することがわかった。

磁極というのは、例えば、
棒磁石の両端に備わっている
磁石の強さを表す量、
と考えればよい。

スポンサードリンク


このことから、
電気のところでやった
クーロン力と同じ関係が成り立つ
ということがわかった。

よって磁場も電場と
同じように考えればよい、
ということを、
まず頭に入れておこう。

ここで、
磁極の強さをm1、m2とおき、
磁極間の距離をr、比例定数をkmとすると、

磁力F=km×m1・m2/r2

となり、クーロンの法則と
一致する。

最後に、磁極が電荷と違うのは、
電荷は+、−単独で存在するが、

磁極の場合、単磁極、つまり、N極、S極は、
単独では存在しないと言うこと。

【PR】
医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセット