力のつり合いは、いずれの場合も、

物体に働く力(ベクトル)の和=0

がつり合い成立の条件である。

一直線上における力のつり合いは
逆向きそれぞれ、同じ向きどうしの力の和が等しい、
と考えよう。

つまり、次のように物体に力が働き、
つり合いが成り立っているとしよう。

F1←■
F2←■→F3

この場合、

F1+F2=F3
(左向きの力の和=右向きの力の和)

が成立する。

また、力をベクトルとして考えると、
右向きを正として、
つり合いの式は、
次のようにも表せる。

(-F1)+(-F2)+F3=0

これは、F1+F2=F3を
並べ替えただけなので、
式としては、同じ内容であるので、
問題はない。

スポンサードリンク


なお、2次元平面内における
力のつり合いのような、
一般的な場合においては、
力はあらゆる方向に向かうので、
物体に働く力をベクトルと考えて、
力のベクトルの和が0と考える。

2次元平面内における力のつり合い

物体に働く力(ベクトル)の和が0になる。

力の大きさを扱う場合は、
力をx方向、y方向に成分分解し、
x、yに関してそれぞれつり合いの式を
立てればよい。

【PR】
医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセット