等加速度運動


等加速度直線運動というのは、
読んで字の如く、

等しい加速度で直線運動をする

ということです。

この運動を考えるとき、
等加速度直線運動の3公式
というのが基本となります。

早めに、しっかりと理解して、
頭に入れておくこと。

等加速度直線運動の3公式

‖度の式 v = v0 + at
∧儖未亮 x = v0t + 1/2at^2
B度と変位の式 v^2 - v0^2 = 2ax

※^2は2乗を表す

覚え方は次のようになります。

スポンサードリンク


‖度の式 v = v0 + at

加速度は1秒ごとに加わる速度であり,
ベクトル量である。
つまり,加速度aの物体は、
1秒間に速度がaずつ増えていく。

(覚え方) 僕はエッチ・・・

v0(ボ=僕) +(和=は) at(エッチ)

ということです。

∧儖未亮 x = v0t + 1/2at^2

変位は、運動を始めてから
t秒間における平均の速さは

v=(v0+(v0+at))/2

だから、この速さで
等速直線運動をすると考え、
距離を求めればよい。

x=vt=(v0+(v0+at))/2×t

となりこれを計算していくと、

x = v0t + 1/2at^2

が公式として導かれる。

なお、
速度の式 v = v0 + atを
vtグラフに描き、
グラフで囲まれた面積からも
公式を導くことができる。

(覚え方) 僕と半分あっちっち・・・

x = v0t (僕と)+ 1/2(半分)at^2(あっちっち)

オーケー??

B度と変位の式 v^2 - v0^2 = 2ax

速度の式と変位の式から、
tを消去して一つの式に
まとめると、
「速度と変位の関係式」
が求まる。

速度 v = v0 + at
変位 x = v0t + 1/2at^2

速度の式を
t=(v - v0)/a
と変形して、
これを変位の式のtに
代入してまとめる。

すると、
v^2 - v0^2 = 2ax
が出てきます。

(覚え方)
2ax・・・2回アックスボンバー(右辺のみ)

【PR】
医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセット