image


変位とは、つまり、位置の変化

言い換えると、

物体がどちらにどれだけ動いたかを示す量

ということである。

それと似た量に距離(道のり)があるが、
距離は単なる大きさを表す量。

それに対して、変位は、
どちらにどれだけ動いたか、
ということで、
方向を示す言葉や符号などを
付け加えなければならない量

である。

つまり、ベクトル量なのである。

例えば、原点(0m)から
物体が出発して、
正の方向へ10m動いたら、
変位は+10mとなる。

−−−−0−−−−−−−−−→10−−−

それに対して、
負の方向へ2m動いたら、−2mとなる。

−−−−2←−0−−−−−−

つまり、

スタート地点からゴールへ
どちらにどれだけ位置が変化したか?


を考えればよいのである。

では、今度は往復運動を考えよう。

スポンサードリンク


変位をさらに詳しくイメージするための
たとえ話をしよう。

「予備校講師shumonの家」

「学習塾の秀門会」
そして
「JR土浦駅」
は、
同じ道路沿い、
一直線上に位置するとしよう。

ある日、
shumonが家を出て、
300m歩いて塾の秀門会に
たどり着いたのだが、
それを通り越して、
そこから200m先の
土浦駅まで行ってしまった。

そして、土浦駅で引き返して、
同じ道路をたどって、
秀門会に到着した場合を考える。

簡単な図で書くと下のよう。

0m(家)→→300m→→(秀門会)→→200m→→(土浦駅)
−−−−−−−−−−−−○←←←←←←←←←←

ここで、まず、
shumonの移動した距離、
つまり、全道のりは、

300+200+200

なので、

700m

である。

それに対して、
“変位”は、いくらなのか?
というと、

変位というのは、

最初のスタートの場所と
最後の到達地点で決まる


ので、

家から秀門会への方向を
+とするならば、

変位は

+300m

となる。

変位は最初と最後の
場所だけで決まる量

考えればよい。

変位=最初と最後の位置の変化

ということなのです。

その間に、その2点間を
何度往復運動をしても、
めちゃくちゃに動いても、

変位は、
「最初と最後の位置で決まる」
ので、最初と最後の位置が
同じであれば
変位も同じということになる。

【PR】
医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセット