浮力は、その物体がまわりの物質を押しのけた分の重さと等しい、
ということで、
これはアルキメデスの原理によって証明された。

浮力F=ρVg
〔N〕

浮力=密度×体積×重力加速度

例えば水の中に中が空で、
ふたをしっかり閉めたペットボトルを沈める場合、
上から手で押し込まないと沈まない。

これは浮力で浮いてきてしまうからである。

ペットボトルが水の中に入る場合には、
そこにあった水を排除しなければならないので、
押しのける力が必要だ。

スポンサードリンク


では浮力とは何かというと、
その押し込む力の反作用を物体は
受けるわけで、その力が浮力となる。

現に、空のペットボトルの中に、水を入れると、
勝手に沈んで水中を浮遊する。

これは、浮力とペットボトル中の水の重さが
つりあっているからで、つまり、
浮力とは、ペットボトル内の水の重さ、
つまり、元々その場所にあって
ペットボトルによって押しのけられた水の重さなのである。

【PR】
医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセット