1.等速度運動
(1) 速さと速度について
「速さ」と「速度」は同じ意味を示すものと思いがちだが、
物理ではしっかりと区別して理解する。

「速さ」と「速度」言葉は似ているが、速さと速度は同じものではない。
別のものと考えよう。

‘韻限度で運動→等速度運動といえる○
同じ速さでカーブを曲がる運動→等速度運動といえない×

,両豺臚韻限度で運動していると言える。△両豺腓脇韻限度で運動しているとは言えない。しかし,同じ速さで運動しているとは言える。その違いは何か?速度は「大きさ(速さ)と向き」の2つの量を示すものであるということである。それに対して速さは「大きさ」のみを表す量である。円運動している場合は,たとえ一定の速さである時速20kmで運動していたとしても,常に向きが変化している。つまり速さは一定だが速度は変化しているのだ。よって同じ速度で運動しているとは言えないのである。ということは,同じ速さで運動しても加速度は存在する?

同じ速度で運動=等速度運動=等速直線運動
等速度運動と等速直線運動は同じこと。等速度運動は同じ速さで真っ直ぐに運動することである。

(2) 平均の速さと瞬間の速さ
実は速さには2種類あって、「平均の速さ」と「瞬間の速さ」というものがある。例えば100m走の走者のタイムが12sの場合,走者の速さは100÷12≒8.3m/sと計算で求まっていても,それは平均の速さなのである。厳密にいうと走っている途中は,速くなったり遅くなったりしていて、速さは一定ではない。だから8.3m/sというのは「平均の速さ」ということになる。全ての距離をかかった時間で割れば平均の速さとなる。それに対して「瞬間の速さ」は,その瞬間瞬間の速さであるが,これを求める場合は、非常に短い時間Δtにおいて進んだ距離ΔsそのΔtで割ってあげればよい。

いろいろなものの速さ
歩行者1m/s
自転車5m/s
チーター30m/s
新幹線80m/s
ジェッ旅客機250m/s
音(空気15℃)340m/s
スペースシャトル7.7×10**3 m/s 
地球の公転3.0×10**4 m/s 
光(真空中)3.0×10**8m/s

スポンサードリンク


2.等加速度運動
(1)等加速度運動の3公式
 v = v0 + at
 s = v0t + 1/2at2
 v2 - v02 = 2as

(2)加速度運動の考え方
加速度は,1秒ごとに加わる速度であり,ベクトル量である。

等加速度直線運動では,
 ―藺度v0に1秒ごとに

v0+a,v0+2a,v0+3a,・・・・

と加速度aが加わっていき、速度が求まる。
このことから速度vについて、
時刻tにおける速度vの式 v=v0+at が求まる。

◆(儖未榔親阿鮖呂瓩討ら
t秒間の平均の速さは(  )だから,
この速さで等速直線運動をすると考え
x=v0t+1/2at2 と求まる。

これはvtグラフの面積を求めればよい。

【PR】
医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセット