高校物理をやさしく解説するブログ

高校物理をやさしく解説するブログです。説明は全てテキスト中心にまとめております。図はたまにありますが基本的に想像力を働かせて読んでください。「読んで」物理のイメージを作りましょう。

    著書『力学の基礎』はこちらです。
    毎日配信Twitterで物理をマスター!→こちらよりどうぞ。
    ブログはこちらよりどうぞ。
    堀口塾

    2009年12月

    力学的エネルギー保存の法則

    力学的エネルギー保存の法則
    保存力のみが物体に仕事をしているとき、
    物体の力学的エネルギーは一定に保たれる。 【力学的エネルギー保存の法則】の続きを読む

    遠心力

    遠心力は非慣性系(加速度系)で登場する
    みかけの力である。

    通常、観測の立場は慣性系(静止系)であるが、
    円運動しながら観測する場合、
    つまり、円運動は加速度運動であるから
    非慣性系となるが、
    このときに考えるみかけの力が
    遠心力である。 【遠心力】の続きを読む

    慣性力とは?

    単振り子

    ひもにおもりを取り付けつるし、おもりに一瞬力を加えると
    糸がピンと張った状態でおもりは振動します。

    これが単振動です。

    おもりは、重力と糸からの張力を受けながら、
    振動することになります。

    つまり、重力と張力の合力がおもりに働くことにより、
    円軌道を描くように振動します。

    【単振り子】の続きを読む

    単振動のエネルギー

    単振動の変位・速度・加速度

    力学的エネルギー保存の法則

    地球からロケットを打ち上げる場合など、
    万有引力下における運動では力学的エネルギー保存の法則が成立する。

    E=1/2mv2 + (-GMm/r)=一定

    【力学的エネルギー保存の法則】の続きを読む

    ニュートンの万有引力の法則

    存在する2物体には引力が働いている。

    【ニュートンの万有引力の法則】の続きを読む

    ケプラーの第3法則

    惑星の公転周期Tの二乗は、
    軌道だ円の半長軸aの三乗に比例する。

         T2 = ka3

    ケプラーの第2法則

    惑星と太陽とを結ぶ線分が一定時間に通過する面積は一定である。

    ケプラーの法則

    科学者ケプラーさん、な、なんと!
    師匠のティコブラーエさんの観測データをもとに
    法則を作っちゃった!

    ケプラーの法則は、
    師匠の功績もあるのです!!

    【ケプラーの法則】の続きを読む

    ケプラーの第1法則

    惑星は太陽を一つの焦点とする楕円軌道を描く。

    円運動の運動方程式

    円運動するのは何でだろう?

    なんでだろ〜なんでだろ〜ななななんでだろう〜♪
    【円運動の運動方程式】の続きを読む

    円運動の加速度

    等速円運動なんだけど加速度をもつ!

    なんでだろう?

    なんでだろ〜なんでだろ〜ななななんでだろう〜♪

    【円運動の加速度】の続きを読む

    速度と角速度

    円運動の速度
    円運動するときの速度,
    向きは円の接線方向

    角速度
    単位時間に回転するrad 【円運動の速度と角速度】の続きを読む

    はね返り係数

    はね返り係数は,
    離れていくときの速さが
    近よる速さの何割かを表す比の値である。

    はね返り係数 e=離れる速さ/近よる速さ
    (0から1までの値) 【はね返り係数】の続きを読む

    運動量保存の法則

    運動量保存則とは?

    いろいろな表現がなされるが
    単純にいうと
    第1法則 (慣性の法則) である。

    着目する物体に外力が働かなければ,
    その運動状態に変化はなく,
    その物体の運動量は一定である。

    例えば2球の一直線上の
    直衝突について考えると
    衝突前後において,
    2物体の速度は変化する。 【運動量保存の法則】の続きを読む

    非保存力が働くときの力学的エネルギー
    ΔE=W非

    (ΔE=ΔK + ΔU)

    E・・・力学的エネルギー
    K・・・運動エネルギー
    U・・・位置エネルギー
    W非・・・非保存力による仕事

    力学的エネルギーの変化は、
    非保存力による仕事に等しい。 【非保存力が働くときの力学的エネルギー】の続きを読む

    このページのトップヘ