高校物理をやさしく解説するブログ

高校物理をやさしく解説するブログです。説明は全てテキスト中心にまとめております。図はたまにありますが基本的に想像力を働かせて読んでください。「読んで」物理のイメージを作りましょう。

    著書『力学の基礎』はこちらです。
    毎日配信Twitterで物理をマスター!→こちらよりどうぞ。
    ブログはこちらよりどうぞ。
    堀口塾

    2008年09月

    加速装置 画像世界最大の加速装置が稼動、ビッグバン直後の状態再現へ
    9月11日10時29分配信 ロイター
    [ジュネーブ 10日 ロイター] 世界最大の素粒子加速実験装置「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」が10日、運転を開始した。地下に設置された円周27キロのトンネル内で光速に加速した陽子同士を衝突させ、宇宙が誕生した「ビッグバン」直後の状態を再現することが期待されている。
     スイス・フランスの国境に設置された管制室では、スタッフらが拍手で運転開始を祝福。プロジェクトリーダーのリン・エバンス氏は「うまくいかなくなる可能性は常にある。ただ、今朝は素晴らしいスタートが切れた」と述べた。 【加速装置 世界最大 画像】の続きを読む

    教員志望が減っているのでしょうね。

    [東京学芸大]教員志望の学生に500万円相当支援
    2008年09月11日22時11分 / 提供:毎日新聞
     東京学芸大(東京都小金井市)は11日、教員志望の学生に4年間で約500万円を支援する特待生制度を新設したと発表した。来年度入学生から適用する。「家庭年収300万円以下」などの条件を満たせば、入学金と授業料(4年間で約240万円)を免除し、教職に就くと返還不要の奨学金(年間40万円)も交付する。文部科学省国立大学法人支援課は「破格の奨学制度。学部レベルでは前例がない」としている。

     特待生は年間10人以内で、教員養成課程の学生であることや、高校の成績が一定水準を満たしていることなどが条件。▽学生寮の寄宿料免除▽ノートパソコンの無償貸与▽学内のアシスタント業務に採用――などの便宜も図り、総額約500万円相当の支援となる。卒業後2年間で教職に就かなかったり、他の職に就いた場合、奨学金のみ返還させる。 【東京学芸大 教員志望 奨学制度】の続きを読む

    このページのトップヘ