高校物理をやさしく解説するブログ

高校物理をやさしく解説するブログです。説明は全てテキスト中心にまとめております。図はたまにありますが基本的に想像力を働かせて読んでください。「読んで」物理のイメージを作りましょう。

    著書『力学の基礎』はこちらです。
    毎日配信Twitterで物理をマスター!→こちらよりどうぞ。
    ブログはこちらよりどうぞ。
    堀口塾

    スポンサードリンク


    今日はついに夏期講習6日目。

    ついにこの講習も
    ラストの日になってしまった。
    早いものです。

    (参考記事)
    タワー・オブ・テラーや釣りのお話 ガッチリ物理 夏期講習5日目 運動方程式その1
    ガッチリ物理 夏期講習4日目「力のはたらき」夏休み物理特訓講座
    夏期講習3日目 夏休み物理特訓講座 「重力場における運動」 終了!
    夏期講習2日目 夏休み物理特訓講座 等加速度運動 終了!
    夏期講習「夏休み物理特訓講座(物理基礎 力学範囲)」1日目終了

    ほとんどの生徒がみんな頑張って
    最終日まで受講しました。
    よく頑張りました。素晴らしい!!

    本日のテーマは運動方程式(2)
    ということで、応用編でした。

    かなり難しい問題をじっくりとやりました。

    最終日はスタミナは残っていないものですが、
    こちらはテンションが上がっています。

    IMGP0698

    ウインドサーフィンでもサーフィンでも、
    その日のコンディションがハードであって、
    限界まで体力を使えば、
    そこから、何ものにも代えがたい宝を
    授かるものである。 【ガッチリ物理 夏期講習6日目最終日、運動方程式応用編】の続きを読む

    今日は夏期講習5日目でした。

    5日目ですが、
    みんながんばって来ています。

    疲れていても、授業を聞こう!
    と気合いを入れている様子がよくわかります。

    内容は、運動方程式の基本編でした。

    運動方程式といえば、
    力学だけでなく物理の中でも
    非常に大切なところで、
    ただ公式に代入するのではなく、
    物理的な考えを元に、
    運動している物体に関して、
    式をたてる準備をし、
    物理量の正負を定め、
    そして、式を組み立てていきます。

    その作業ができるか、
    できないか、で、
    正しい運動方程式が
    たてられるのか、たてられないのか、
    が決まります。

    DSC_0140
    東京ディズニーシーのタワー・オブ・テラー 【タワー・オブ・テラーや釣りのお話 ガッチリ物理 夏期講習5日目 運動方程式その1】の続きを読む

    早くも夏期講習4日目になってしまったが、
    みんな頑張って通ってます!

    今日のテーマは
    「力のはたらき」でした。

    主に物体に働く力の
    つり合いについて。

    今日は基本問題を集めたのだが、
    実は、これら基本問題から
    応用問題の考え方を学ぶ、という
    以下の狙いがあった。

    ・二段重ねの物体における摩擦力の考え方
    ・糸に働く力を描く
    ・つり合いの問題の考え方
    ・斜面の問題の座標軸の取り方について

    これらをじっくりと話した。

    授業中、私の雑談がキッカケで、
    秘密のイラストが出回る・・・
    というハップニングもあったが・・・ 【ガッチリ物理 夏期講習4日目「力のはたらき」夏休み物理特訓講座】の続きを読む

    今日は3日目でした。
    全部で6日間の講習だから、
    今日で半分。

    あと3日あります。

    今日は落体の運動ということで
    説明しましたが、
    前半はスポーツで言うところの
    筋トレのようなことをやりました。

    落体の運動の5パターン、
    自由落下
    鉛直投げ下ろし
    鉛直投げ上げ
    水平投射
    斜方投射
    で用いられる速度、座標の式を
    運動方程式をたててから
    求めるということをやりました。

    少し面倒ですが、
    式を書いているうちに、
    結局、落体の運動ってこういうことなの?
    ということがわかります。

    実はこれが狙いです。 【夏期講習3日目 夏休み物理特訓講座 「重力場における運動」 終了!】の続きを読む

    今日も暑かった。

    夏期講習の2日目。

    内容は等加速度運動で、
    昨日に引き続き、
    グラフについて、
    しつこく説明。

    (参考記事)
    加速度
    等加速度直線運動の3公式
    等加速度運動のグラフ
    v=v0+atのイメージ

    みんなが、せっかく講座を
    とってくれているんだから、
    授業では話せない深い内容など
    どんどん説明しちゃうよ。

    今日は特に
    物理基礎の範囲を
    ちょっとだけ超えて、
    区分求積から積分の話。

    リミット、シグマを
    使わずとも理解はできるし、
    今からこの概念を
    頭に叩き入れておけば、
    微積分も入りやすいだろう。 【夏期講習2日目 夏休み物理特訓講座 等加速度運動 終了!】の続きを読む

    本日から、都内の私立高校で
    夏期講習が始まりました。

    みんな気合いが入っていました!!

    学年は高校1年生。
    内容は物理基礎の力学範囲です。

    今日は「速さと速度」ですが、
    主にセンターで出題された問題を中心に、
    x-tグラフ、v-tグラフ、a-tグラフなど、
    グラフに関する問題を解きました。

    vtグラフ 等加速度運動

    グラフに関する問題は、
    センター入試では必須です。

    式を用いて計算をするのは
    とても大切であるが、
    直感的にグラフを読めるように
    なることも大切!!

    今から勉強すれば、
    必ずマスターできるぞ。 【夏期講習「夏休み物理特訓講座(物理基礎 力学範囲)」1日目終了】の続きを読む

    洗濯をしたあと、
    洗濯物かけで洗濯物をつるすとき、
    どこにどの衣服をかければ、
    傾かないでバランスよくつるせるだろうか?

    ・・・そんなこと考えたことありませんか?

    これはまさに、
    剛体のつり合い状態を、
    自分で作ろうとしている、
    ということです。

    剛体が外力を受けている
    にもかかわらず、静止しているとき、
    つり合いの関係が成り立ちます。

    剛体が静止しているときは、
    ・平行移動をしない
    ・回転をしない
    という状態が必要になってきます。

    では、つり合い状態を
    簡単に天びんの例で、
    説明してみましょう。 【剛体のつり合い】の続きを読む

    力のモーメントについて
    考えていきましょう。

    押し合いでは力の強い人が勝つけれど、
    回転ならば、ちょいと頭を使えば、
    力の弱い人が強い人に勝てるゾ。

    ・・・こんなイメージを、まず持って欲しい。

    さてここで、
    天びんを考えましょう。

    −−−−−●−−−−−

    ●は中心軸、○はおもりです。

    左端に質量mのおもりをぶら下げると、
    棒は反時計回りに回転します。

    ↓○−−−−−●−−−−−↑

    これは、
    おもりをつるしたことによって、
    棒に反時計回りの回転の能力が
    生まれたといえます。

    今度は右端に質量mのおもりをぶら下げると、
    棒は時計回りに回転します。

    ↑−−−−−●−−−−−○↓

    これは、
    おもりをつるしたことによって、
    棒に時計回りの回転の能力が
    生まれたといえます。 【剛体にはたらく力のモーメントとは?】の続きを読む

    ニュートンの運動の第2法則から、
    運動方程式が導かれる。
    ※詳しくは、
    運動方程式の導出と力の単位N(ニュートン)
    にて。

    ニュートンの運動の第2法則は、
    加速度aは力Fに比例し質量mに反比例する

    ということで、
    これを式に直すと、
    比例式しか出てこない。

    詳しくは、こっちも読もう!

    つまり、
    a∝F/m
    となります。

    これをちょいと式変形して、
    F∝ma
    となりますが、
    式を使うときは、等式でないと値が曖昧です。

    ですから、比例定数をkとして、
    F=kma
    とするわけですが、
    この式を使う場合は、
    比例定数は一体いくらなの?
    というkがずっと式につきまといます。

    そこで、
    比例定数をk=1としてみましょう。

    すると、式がすっきりして、
    運動方程式 ma=F
    が求まります。

    しかし、ここで、
    ニュートンさんはどうしたかというと・・・ 【物理で力の単位は〔N〕じゃなくてもいいんじゃね?】の続きを読む

    まずはじめに、
    ここで取り上げた問題は、
    ひらめき問題として読むこと。

    テストでは、
    教わった通りに解きましょうね。

    さて、
    「ボールを斜方投射したとき、
    地面からの角度を何度で投げれば、
    一番遠くまで飛ぶのか?」

    このようなことを聞かれたとき、
    多くの人は、きっと、
    45°
    と答えるでしょう。

    このことは、
    理論上は正しいことです。

    斜方投射の問題でも、
    最大水平到達距離に関することを
    聞く問題は定番ですね。

    そういえば、
    私が小学生の頃、
    スポーツテストで、
    ボール投げという種目が
    あったのだが、みんな、
    「45°!」と言っていました。 【斜方投射で一番遠くまで飛ぶ角度は何度?】の続きを読む

    このページのトップヘ